2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
各種お問い合わせ対応、商品の配送はお休みです
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
各種お問い合わせ対応、商品の配送はお休みです
 
コセキカメラ
Photo Impression

久しぶりの更新となる第4回は、コセキカメラのベテランスタッフ「キムラ」による旅行記がスタート。
なかなか遠出もしづらい昨今ですが、ぜひ旅をしている気分で楽しんでいただけると嬉しいです♪


 私が北海道に渡ったのは大学1年の時(49年前)当時サッカー部に所属し 北海学園大学との定期戦の時が初めてでした。
以来子供がアイスホッケー選手で毎年のように 北海道には行ってました。しかしアイスホッケーの試合観戦ばかりで全く観光もしなかったのです。
 十数年前にはたと北海道全土を車で回ってみたいと、海沿いを1周してみようか、内陸の主要道路を 走破してみようかと思い毎年のように北海道へ渡ることになりました。今では、海岸線を2周半、内陸国道の8割方走破しました。毎年2000キロは走りましたかね。というわけで、折に触れ北海道の風景やエピソードを紹介いたします。

今回は道東にある「摩周湖」をご紹介!

摩周湖はアイヌ語で「カムイトー」神の湖と崇められ透明度も高く摩周ブルーともいわれる。
しかし、霧の摩周湖ともいわれその全貌を明らかにするのは珍しいといわれています。 私も3回目でお目にかかる事が出来ました。
これがその一枚です!



すると、突然摩周岳からまるで滝の様に霧がながれ込んできました その時の一枚がこれ!

流石神の湖夢中でシャッターを切る!!!!!!


はたと、後ろを振り返ると霧と雲の間から遠く阿寒湖を照らしそれが反射し雲を照らしている光!!
それがこの一枚!!!


右手に煙吹く硫黄山が見えるのですが分かりましかね? 素晴らしい光景を拝むことが出来ました。
ちなみに、展望台でこの光景を見れたのは我々夫婦とあと2人。4人占めですかね。

では次回をお楽しみに!!!!
 

ページトップへ