トップ > 新品商品 > Leica/ライカ ズミルックス M 35mm F1.4

Leica/ライカ ズミルックス M 35mm F1.4

昨今、他人の氏名・住所・連絡先の不正利用による【なりすまし注文】、【いたずら注文】等の悪質な行為が非常に増加しております。
当店では、上記のようなの悪質な行為を防止を目的とし、以下のように対応とさせていただきます。


◆高額注文、初めてご注文頂くお客様には、受注後に電話やメールにてご注文内容の確認、お支払方法の変更の依頼をさせていただく場合がございます。

◆被害を未然に防ぐためにもご注文時にご入力をいただきましたメールアドレスに連絡が取れない場合、お電話でのご連絡が取れない場合など、ご注文取引のキャンセルをさせて頂く場合がございます。また、過去のお引取り経緯によりご注文をお断りする場合がございます。


何卒ご理解くださいます様お願いを申し上げます。

個性的なレンズが復活

多くの製品は何年にもわたって機能の強化が図られるものですが、独自の特長や個性がそのままずっと活かされる製品もあります。そのひとつが、クラシックな単焦点レンズ「ライカ ズミルックス M 35mm F1.4」です。
 

「ライカ ズミルックス M 35mm F1.4」は1961年に世界で最も明るい広角レンズとして写真の新たな基準を打ち立て、その卓越した描写性能を通じていまなおインスピレーションを与え続けています。特に絞り開放では、デジタル編集では表現しづらい独特の幻想的な雰囲気を生み出すことができます。

絞り開放時の独特なボケ味と周辺の減光によって「true king of bokeh(ボケの王者)」とも称される「ライカ ズミルックス M 35mm F1.4」。逆光のシーンで絞りを開放にすれば、意図的にレンズフレアを発生させることができ、クリエイティブな表現に活用することが可能です。F値を小さくすれば歪曲収差はほぼなくなり、きわめてシャープで歪曲収差もない端正な描写が得られます。その描写は現代に求められる高い画質レベルにも十分に達しています。


ライカは1961年に世界で最も明るい広角レンズとして「ライカ ズミルックス M 35mm F1.4」を発表しました。それから35年以上にわたり複数のバージョンを世に送り出した現在でも需要があり、希少価値の高い製品となっています。そしてこのたび、ウェッツラーの工場で新たに生産を開始し、このクラシックレンズが復活を遂げることになりました。

【メーカーHPより】
製造元 : ライカ
価格 : 541,500円
(税込595,650円)
ポイント : 5,415
数量
 

配送料は一律税込880円
税込5,000円以上のお買いもので配送料無料!!

-->

品切れ

ページトップへ